スポーツテイストを取り込んだカジュアルウェアについて

野球やサッカーなどの試合用ユニホームをモチーフとしたカジュアルシャツは、幅広いコーディネートが楽しめるアイテムです。中でもベースボールシャツは、スポーティ要素を程良く効かせながらシルエットや表面加工に変化を施しトレンド性を追求しています。このベースボールシャツについて詳しく説明します。

POINT

トレンドが感じられる新しいベーシックアイテム

harunaさん(@harunuka)がシェアした投稿

人気が高い売れ筋のベースボールシャツをひも解いてみると、シンプルなデザインとカラー使い、そしてオーガニックコットンやリネン等の上質素材を用いて、大人の落ち着いた雰囲気が漂う逸品となっています。サイズ感は、ゆったりとしたシルエットが特徴で、清潔感あるナチュラルなベーシックアイテムです。このように野球ユニホームのデザインをタウンウェアに反映させたベースボールシャツは、ファッションコーディネートの中心アイテムになっています。

POINT

体型に合ったきれいな着こなしのための商品選び

自分の体型にぴったり合う見栄えの良いベースボールシャツを選ぶ場合、シャツのサイズと自身の体型サイズを正しく確認することと着こなしはインナー使いにするのか、またアウターとして羽織使いにするのかによって選ぶべきサイズが微妙に異なってきます。まず、体型の中で正しく知っておく部分は肩幅と腕の長さです。計り方はメジャーを使い簡単に行えます。次にベースボールシャツのサイズ確認ですが、トップスやアウターを購入する際、いつも購入しているサイズを探し、試着を行わず選んでしまう人が多いようです。最近、セレクトショップやインターネット通販等ではインポート商品が取扱い販売されていますので、サイズ規格の注意も必要です。アメリカ規格の場合、日本規格より大きいため、サイズ違いを起こします。また、製品ごとに身幅や着丈のサイズが微妙に異なってきますからサイズ表記はあくまでも目安として考えておくべきです。

POINT

シャツの正しい計り方

自分の体型に相応しいベースボールシャツの正しい計り方をご紹介します。ベースボールシャツと一般的なアウターやシャツの計り方は、測定箇所は同じですが若干異なっています。異なる計り方の箇所は、袖丈です。一般的なシャツの場合は、シャツの縫い目の外側より袖口まで真っ直ぐ測った長さとなります。しかしベースボールシャツは、裄丈サイズを計るため、首の中心から手首まで真っ直ぐ測った長さ。他の肩幅や身幅、着丈については計り方の違いはありません。

POINT

まとめ

ゆったりとした装いが楽しめるベースボールシャツは、少し大きめのサイズ感のものを選ぶと素敵なスタイリングが完成します。